ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

キルティングの順番?


ハワイアンキルトの特徴『キルティング』

アップリケが終わったら、いよいよキルティング・・・
キルティングが入ってくると、段々ハワイアンキルトらしくなってきます。
3種類のキルティングの順番は・・

キルティングの順番 ①落としキルト

まず、始めにアップリケのきわにそって刺していきます。(基本的には、表布と同色の糸で)これでアップリケをふっくらと際立たせます。

②アップリケのキルト

アップリケの上のキルトラインに合わせてモチーフ内側をキルティングします。アップリケに段々表情が出てきます。

③エコーキルト

内側から徐々に外側に向かって刺していきます。

①~③の順に、キルティングを行います。

※できるだけ、中心から刺していくのがコツです。中心から外側に進めていくとシワが寄りにくくなります。

※縫う方向は、ふくらませたい側を常に上側に来るように布を回転させながら縫い進めてください。

※表布より少し厚めの裏布を使うのも、ふっくらとした感じを出すコツです。

(ただし、あまり厚さが違うと縫いづらい場合もあるので、はじめのうちは、同じ種類の布が無難です。) -くれぐれも、裏地の方が薄くならないように注意して下さいね。

閉じる

ページトップへ