ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

シンブルの使い方

コインシンブルシンブル

シンブルは、針から指先を守って、縫いやすくする為の道具です。
左の2つは、一般的に右手(利き手)の中指にはめるタイプで
右の1つは、左手中指用のシンブルです。

一般的なキルティングのときの使い方は・・
■布の表側から、針を垂直にさし、右手中指(皮のシンブル側)でおします。
■布の下側で、左手中指(金属のシンブル)に当たるまで入れます。
■下のシンプルに当たったら、左手中指で針を押し上げて、すくい、一針完了♪

フープ両腕でキルト布を上下ではさむ感じで縫いますので、キルティングする部分をフープで固定し、お腹と机の間にはさんで縫います。

今度、写真を撮って実際の図を詳しくご紹介しますね。

フープを使わない小物等の場合の私流をご紹介すると、

◆キルティング以外は、コインの入っていない皮製を右手中指にはめて指を保護しています。(夢中になって装着を忘れて、何度も中指の腹に穴をあけました。)

◆キルティングのときは、コイン入りの皮製を右手中指にはめて、受け側は左手の爪(中指)で受けてしまいます。

大切なことは、針を垂直に立てて縫うことを意識することです。針が寝てしまうと、布ずれがしてしまい全体的に形が整いにくくなります。

最初は、うまく扱うのがむずかしいシンブルですが、まずは、指の保護のために一つ持っていることをお勧めします。その後、徐々に道具を揃えていってセオリーどおりにできるように頑張ってみてください。

最初から、全部の道具を使いこなそうと思わずに、是非・・自分なりに楽しみましょうね♪

閉じる

ページトップへ