ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

モチーフに込められた想い

花や木、色々なモチーフにはそれぞれには意味があり、みな贈る人への想いをデザインに託すといわれるハワイアンキルト。代表的なものを掲載しています。
モチーフに思いをこめて、作品を選ぶのも・・・



☆パンの木「ウル」・・成長や繁栄 Good Luck
ULU成長の意味から、ファーストキルト(初めてのキルト)として選ばれることも多いです。



☆パイナップル・・歓迎 友情 ホスピタリティ
PineApple友情の想いを込めて、relalaではキッズ用バッグのモチーフに使っています。




☆アンスリウム・・情熱
Anthurium




☆マンゴー・・願いがかなう 繁栄(実をもつ植物の多くがこの意味を持ちます)
MANGO






☆パッションフルーツ・・繁栄(実をもつ植物の多くがこの意味を持ちます)
パッションフルーツ日本では呼び名はトケイソウ




☆ホヌ・・海や山の守り神 (命の源である海を象徴すものとしても)
魂をもつ動物や黒は昔は避けられていたようです。でも、今ではあまりこのタブーも無くなってきていて人気パターンの一つです

☆ドルフィン・・家族や先祖、守護神

☆ナウパカ・・仲のよい恋人たちが海と山に引き離され、それぞれの地で半分の花しか咲かすことができない2種類(マウンテン・ビーチ)のナウパカに生まれ変わったと言い伝えられています。
ナウパカ悲恋を連想してしまうため、2種類を一対にして想いを伝えるモチーフが多いです。



☆プルメリア・・親愛・真心・歓迎
プルメリア良い香りや可憐な花はみんなに愛されて、空港で最初に受け取るレイにも使われています。
ハワイアンキルトのパターンとしても、とっても愛されている花の一つです。



☆レフア・・火の女神ペレの象徴
レフア
オヒアという若者とレフアという愛し合っていた二人。しかし火の女神ペレもこの若者を好きになり求愛するが拒まれてしまい
これに激怒したペレは、オヒアを醜い木に変えてしまう。悲観するレフアを不憫に思ったペレの弟は彼女を赤い花に変えてオヒアの木に咲かせてやった。
そのため、レフアの花を摘むと、離れ離れになるのを悲しんで涙をながし、雨が降るという言い伝えがあります。

☆マイレ・・魔よけ
魔よけの意味から、タペストリーにして玄関などに飾られる場面も

☆イリマ・・あなたを誇りに思う
フラの女神であるラカがイリマ変身したとされる神話や、
マウイが巨大なウナギを退治してヒナを助けたとき、彼女はその喜びを表すためにイリマでレイをつくり自らを飾ってマウイに感謝の意を込めたという神話がある。
このため、「あなたと誇りに思う」という意味が込められるようになったと言われています。

☆ハイビスカス・・神に捧げる花
ハイビスカス

☆スクロール(波)・・永遠に途切れないふたり

☆ティーリーフ・・浄化




●番外編☆エコー・・木霊(こだま)

閉じる

ページトップへ