ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

キルト綿について

布選びの次に気になるのが、キルト綿。で、綿のお話・・・

☆キルト綿はキルト(めん?)(わた?)

元来綿は、絹の真綿(まわた)を指す言葉だそうで。

その後、もめん綿(わた)や化繊綿(わた)も登場して、いまではキルト綿(わた)という呼び名の方が一般的のようです。

でも、キルトのお教室とかではキルト綿(めん)と呼ぶ方も・・

ちなみに、わたしはキルトめん・・派です。

 -どうでも良い話から入ってしまいましたね。

☆キルト綿とドミット芯どう違う?

まず手芸屋さんで悩むのがこの2種類。

ドミット芯のほうが『芯』と呼ばれるようにやや薄手であまりフカフカはしていません。

作品にもよりますが、一般的にはキルト綿のほうが用途は広いです。

☆厚さはどれが最適

一般的には、薄地、中厚、厚地の3種類を扱っている手芸屋が多いようです。

どれか1つを購入する場合は、中厚をお勧めします。(用途の範囲は一番広いです。)

適しているタイプは作品によっても違いますが、

・プックリ感の出したいポーチやBagなどは厚地がお勧め。

・安定感がほしいコースターやランチョンマットは薄手か中厚程度

が適しています。

☆値段の違いは?

シート上のパッケージで販売されているお値段は400円~600円くらいが主流ですね。

一般的にキルト綿については、値段の差は品質の差に等しいかと思います。

やはり、割安なものは刺し心地が悪かったり、綿の厚みが均等でなかったりするものもあります。

作品にフンワリ感がなかったり・・もちろんキルティングラインの幅や縫い方のキツイ・ユルイで差も出ますが、もしかすると、キルト綿に厚みが足りない場合も。

一度、気にして数種類を試してみるのもお勧めです。

★幻のキルト綿(シンサレート)・・

シンサレート

シンサレート ハイロフトHL-100
シンサレート ハイロフトHL-80







一部では手に入りにくさからか、幻と言われるキルト綿です。

お値段は通常と比べると2倍くらいはしますが、まず触った感じから『違います!』

ヘタリにくく、保温性にすぐれていて、柔らかくふっわふわの感覚です。

もちろん、縫いやすさもお勧めNo1。キルトラインも綺麗に出ます。

News! キルトキットの全商品にシンサレート綿を適用しています。
(もちろん、価格は据え置き)

是非、一度最高と言われるキルト綿を体感してみてください。

シンサレート単品での販売も始めました。こちらから・・どうぞ

閉じる

ページトップへ