ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

うら抜き<技> 上級編

ハワイアンキルトの手法で必須ではないけれど、

覚えておくと便利な『裏抜き』の仕方をご紹介します。

『しつけ』が大切なハワイアンキルト!しっかり仕付けをしたつもりでも、面が大きなアップリケの部分で布ずれをしてしまって、キルトラインを入れているときに布がダブついてアップリケの布にしわができたり・・・こんな経験がある人も多いかと・・・で、

この布ずれを少なくするために行うのが『裏抜き』の作業

左図は、表布にアップリケした状態の布を裏から見た図です。



表布とアップリケの重なった布の部分の表布を縫いしろから約7mm~8mm程度内側をカットし、重なる部分を切り取ります。

(切り取った後は、アップリケの布が現れます)
※重なる布を減らすことで、キルトラインも入れやすくなります。

★あまり小さい部分で無理におこなってせっかくの縫い目を切断!なんてならないように気をつけて(出来るだけ楽に切り取れる部分に限定しておこなってくださいね)

★アップリケ布が白等薄い色で、表布が濃い色の場合は、表布の透け方が周囲と変わってしまったりするので、あまり適さない場合もあります。

★一番ずれやすい、タペストリーやクッションカバーなどで布の端までアップリケがあるようなパターンは、端の部分を『裏抜き』すると、グッと縫いやすくなります。


閉じる


ページトップへ