ショッピングカートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

針のお話

今日は、のお話。



リララSHOPで扱っているこのハワイアンキルト針セット。

針が4種類入っています。 4種類?? 

そう、縫う箇所によって、針を使い分けます。

■一番長い長さ約46mmの針はしつけ用

 しつけは、中心から放射線状に。
 あまり布を持ち上げずに、テーブルの上においた状態で刺していくのがコツ 
 長いの針をつかってスイスイっと。
 しつけはしっかり、でも、ちょっとでも楽♪するのにお勧め。

■アップリケ用 約29mm(次に長い針です)

 アップリケを表布にたてまつり縫いをするときに使います。
 一番重宝する針です。

■キルティング用 約27mm、23mm(2種類が入っています)

 キルト綿と表布、あて布(または裏布)を合わせてキルティングするときに使います。

 短い方は、フープを使うときにはBEST 

 フープを使わないでキルティングをするのには、ちょっと短すぎて慣れるまでやりにくいかも、です。

 初めてさんは、無理をせずにアップリケ用くらいの長さの針でキルティングしたほうが、針がすすめ易いかもしれません。

 細めで柔らかい針なので、お教室でも、結構折ってしまう人もいるのですが、

 そんな時は、どこか力が入りすぎ・・・ 力を抜いて、ゆったり気分で縫うと Good

高級キルト針No.9


こちらは、約27mmのキルティング用専用針10本入り。

セットに入っている針よりも少し硬めで、剣先が特別仕上げで滑らかになっています。



たかが針・・されど針です。

なんとなく、お気に入りの針が出来てくるから不思議  

個人的には、細~くて、柔らか~い針が好き。 

お道具選びも、是非♪ 楽しんでみてくださいね。


 



しつけ糸

しつけ糸のお話。

縫ってもどうせほどいちゃうし・・・ なんとなく、おっくになってしまう作業ですが

しつけは大事  ここをしっかりやると、キルティングの際に布ずれなどで

布のゆがみがなくなります。 成功の鍵を握っていると言ってよいほど重要です。

■しつけ糸

かさになっているタイプ↓ 巻きタイプ どちらを選んでもOKです。




こちらは「かせ」になっているタイプ。ねじれをほどくと 輪になっているタイプです。

使い始めは、ねじれをほどいて、半分に折って、山の部分をばっさり切ります。(長い一本の束になります。)

山の部分(頂点)と脇の数箇所を細く切った布のハギレなどで縛って束ねておきます。

使うときは、頂点の束ねた部分から1本引き抜いて使います。



←リララで取り扱っているのが、こちら、巻きタイプです。

このままだと、コロコロしちゃうので、糸たてに立てたり



こんな風に瓶の中に入れたりして使っています。

カサタイプは1本の長さが決まってしまいますが、自由に長さを調整できる点では巻きタイプがお勧め。






キルト綿について

布選びの次に気になるのが、キルト綿。で、綿のお話・・・

☆キルト綿はキルト(めん?)(わた?)

元来綿は、絹の真綿(まわた)を指す言葉だそうで。

その後、もめん綿(わた)や化繊綿(わた)も登場して、いまではキルト綿(わた)という呼び名の方が一般的のようです。

でも、キルトのお教室とかではキルト綿(めん)と呼ぶ方も・・

ちなみに、わたしはキルトめん・・派です。

 -どうでも良い話から入ってしまいましたね。

☆キルト綿とドミット芯どう違う?

まず手芸屋さんで悩むのがこの2種類。

ドミット芯のほうが『芯』と呼ばれるようにやや薄手であまりフカフカはしていません。

作品にもよりますが、一般的にはキルト綿のほうが用途は広いです。

☆厚さはどれが最適

一般的には、薄地、中厚、厚地の3種類を扱っている手芸屋が多いようです。

どれか1つを購入する場合は、中厚をお勧めします。(用途の範囲は一番広いです。)

適しているタイプは作品によっても違いますが、

・プックリ感の出したいポーチやBagなどは厚地がお勧め。

・安定感がほしいコースターやランチョンマットは薄手か中厚程度

が適しています。

☆値段の違いは?

シート上のパッケージで販売されているお値段は400円~600円くらいが主流ですね。

一般的にキルト綿については、値段の差は品質の差に等しいかと思います。

やはり、割安なものは刺し心地が悪かったり、綿の厚みが均等でなかったりするものもあります。

作品にフンワリ感がなかったり・・もちろんキルティングラインの幅や縫い方のキツイ・ユルイで差も出ますが、もしかすると、キルト綿に厚みが足りない場合も。

一度、気にして数種類を試してみるのもお勧めです。

★幻のキルト綿(シンサレート)・・

シンサレート

シンサレート ハイロフトHL-100
シンサレート ハイロフトHL-80







一部では手に入りにくさからか、幻と言われるキルト綿です。

お値段は通常と比べると2倍くらいはしますが、まず触った感じから『違います!』

ヘタリにくく、保温性にすぐれていて、柔らかくふっわふわの感覚です。

もちろん、縫いやすさもお勧めNo1。キルトラインも綺麗に出ます。

News! キルトキットの全商品にシンサレート綿を適用しています。
(もちろん、価格は据え置き)

是非、一度最高と言われるキルト綿を体感してみてください。

シンサレート単品での販売も始めました。こちらから・・どうぞ

閉じる

糸の選び方



この「メトラー糸」 実は、3種類あるのです。

メトロシーン・プラス

ポリエステル100%で細めの糸。 アップリケにお勧めの糸です。

色数も多いので、布にあわせて色を選んで、キルティングに使ってもOK。

ただし、基本がミシン用の糸などでからみやすいのが欠点。

面倒でもあまり一気に長い糸で縫わないように、少し短めに糸を通して縫うのがBEST 

これもコツの一つです。

Quilting (COTTON100%)

メトロシーンより少し太め。 メトラーの番手で40番。メトロシーンは100番。

名前の通り、キルティング向き。しっかり仕上げたいクッションなどにお勧めです。

糸の番手と巻き量が違っていて、メトロシーンよりだいぶ色数が少ないです。

白や赤など基本色を揃えて、エコーキルト部分に使用するのがお勧めです。


■コットンポリ

ポリエステルの芯にコットンをカバーし、ロウ引き加工をしたすべりの良い糸。

う~~ん、残念ながらこちらはちょっとお高い。 でも、キルティングには最適な糸です。


 ミシン糸と手縫い糸の違い。

ミシン糸は糸に対して左捲き。手縫い糸は右巻と巻きの方向が違います。

手縫い用の糸をミシンで使うと、糸切れがしばしばおきてしまいます・・・。

ミシン糸を手縫い用で使う場合には、撚れてきて絡んで玉ができたりします。

絡み防止のために、手縫いのときのミシン糸は短めで扱ってみてくださいね

金属製シンブルの調整

キルティングの時に使う金属製のシンブル。

既製のサイズではちょっと合わない場合って多いですよね。

また、長時間使っていると指が痛くなったり
ちょっと爪を伸ばしているときなどにも重宝するのがこの方法!

金属製シンブル


クッション替わりにキルト綿を詰めて指にはめます。

私は、キルト綿を半分の薄さにして詰めています。

キルト綿がなければ、ティシュを小さくちぎって代用しても。

ちょっと大きめのサイズを購入して、こんな風に調整しても良いです。

タンゴ

アップリケに適した布は・・・

思いのほかアップリケやキルティングに苦労をしたり、

うまく布が扱えなかったり。

実は、腕のせいではなくて、布選びに失敗している場合も多いのです。

そこれ、relalaお勧めの布をご紹介します。

★まず、無地でお勧めなのは『エイティスクエア』
 柔らかくて、縫いやすい薄手のコットンです。色も豊富に出ています。
 あて布や裏布としても重宝しますので、白色は多めに持っていても良いかと。

同じ無地で間際らしいのが『ブロード』・・キルティングには向きませんのでご注意を。

★色柄ものは『ルシアン』さんのコットンがお勧めです
 お値段はちょっと高めですが、フラワーブーケシリーズを始めとして豊富な
 色・柄があるのと、断然縫いやすいです!
 キャシー中島先生のキャシーマムのブランドも扱っています。

良い(縫いやすい)布を選ぶと、作りやすさも・心地よさも倍増します。

はさみ♪relala商品は特殊な布を除いてすべて・・縫いやすさにこだわって上記の2種類の布を選んでお届けしています。

ハートBエイティスクエアの単品商品も扱っております。是非♪どうぞ

閉じる

しつけの仕方

「キルティングのしつけ」  最初が肝心。

①しつけの前に、布の扱い。

そう、まず最初のコツ は、 キルト綿と裏布の中の空気を抜いて ぴったり吸い付くようにならします。

手でならしてもOKだけど、手前をしっかり抑えて定規のようなものでならしてもOK

布のシワもしっかり取るようにして、綿と布をなじませておきましょう。

②しつけの針の進め方は、必ず中心から外側へ。


表布から針を入れて、(縫い始めの玉結びは表に出ます)中心から外へ縫います。

縫い終わりは、ひと針返し縫いをして、糸を切ります。

最後も玉結びにすると、糸がつれちゃったりしますし、このほうがほどくときに楽です。

③縫うときは、布を出来るだけ「持ち上げず」に平らな台の上で縫いましょう。

布を持ち上げながら縫うと、せっかく合わせた綿と布がずれてしまいます。

しっかり台に置いたまま(両端を文鎮など重しで押さえておいても良いです)針を進めていきましょう。

④中心から少しずらして縫いましょう。

中心に玉結びが集中しちゃったり、キルティングの際にしつけ糸があまり邪魔にならないように

中心から少しずらして、しつけを縫います。

⑤縫い目は上にでる針目をやや長めに・・・

上に出る針目をやや長めになるように縫います。 こうして縫うと、ほどき易くなります。

そして、2,3針縫ったら糸を引く この繰り返しで少しスピーディに縫えます。


それと、私のお勧めは、

しつけは一気にやる  途中で片付けて、また明日 なんて仕舞い込んじゃうと せっかく慣らした綿と布はずれちゃうし・・・

しつけ針数本にしつけ糸を通しておいて針山に準備しておきます。

こうしておいて、縫うに専念・・糸通しに専念・・ 繰り返しているうちに、出来上がり 

この作業の方が、スピード上がるような気がします。


キルト綿のつなぎ方

少しづつ残ってしまうキルト綿。

自分用のキルト作品や、自宅で使うものにはこんな風にしてつなぎ合わせて

利用してみては如何でしょう。

キルト綿のつなぎ方1

①2枚のキルト綿を用意し、つなぎ合わせの部分をまっすぐに切りそろえます。








キルト綿のつなぎ方2

②つなぎ面を平らに合わせて、巻きかがり縫いで縫い合わせます。








★巻きかがりはあまりきつく締めずに縫うのがコツです。(軽く引いてもかがり目が広がらないくらいを目安にしてください)

★縫い目もあまり細かくこだわらずに、3mm~5mm程度の縫い幅でOKです。

大きめの作品を作るときにも利用してみてください。

まつり縫い(3種類)

キルトの縫い方でよく出てくるまつり縫い3種類をご紹介します。

まつり縫い
【1】まつり縫い

折り山に対して斜めに糸が渡るようにまつります。




たてまつり

【2】たてまつり

折り山に対して直角に糸が渡るようにまつります。

バイアステープのまつり等に使います。




奥たてまつり【3】奥たてまつり

布の折り山に針を出し、布の折り山の下に針を入れて縫い目はみえないようにまつります。

アップリケをまつるとときに使用するまつり方です。





まつり縫いでも色々な種類があります。
針目の見え方に注意しながら、マスターしてくださいね。

裏布の始末の仕方

バイアステープを使わないタペストリーなどの裏布の始末の仕方をご紹介します。

裏布の始末の仕方

上図の説明を参考に・・・

①キルト綿は出来上がり寸法に断ちます。
②表布、裏布は縫いしろ約2cmを残して断ちます。
③表布は出来上がり線で打ち側に織り込みます。(キルト綿を包むように)
④裏布を出来上がり線より少し小さめに内側に織り込みます。
⑤裏布をたてまつりで表布とキルト綿まですくってたてまつりで縫いとじます。

パイピングなしで仕上げたいときに使う手法です。
おぼえておくと重宝します。

バイヤステープの角の縫い方

バイアステープの角の処理です。

①まず、縫っている方向の角まで縫います。
(この時図のように、バイアステープを下側にを倒しておきます。-バイアステープの重なった部分は縫わないように注意して針を止めてくださいね)

②その後、バイアステープを逆に倒して、バイアステープのみ縫うようにくぐらせて、反対側から針を出します。そのまま、左側を縫い始めください。

言葉の説明ではわかりずらいかもしれませんが、添付の図を参考に
チャレンジしてみてください。



relalaの鍋つかみ等で参考にしてくださいね・・

閉じる

うら抜き<技> 上級編

ハワイアンキルトの手法で必須ではないけれど、

覚えておくと便利な『裏抜き』の仕方をご紹介します。

『しつけ』が大切なハワイアンキルト!しっかり仕付けをしたつもりでも、面が大きなアップリケの部分で布ずれをしてしまって、キルトラインを入れているときに布がダブついてアップリケの布にしわができたり・・・こんな経験がある人も多いかと・・・で、

この布ずれを少なくするために行うのが『裏抜き』の作業

左図は、表布にアップリケした状態の布を裏から見た図です。



表布とアップリケの重なった布の部分の表布を縫いしろから約7mm~8mm程度内側をカットし、重なる部分を切り取ります。

(切り取った後は、アップリケの布が現れます)
※重なる布を減らすことで、キルトラインも入れやすくなります。

★あまり小さい部分で無理におこなってせっかくの縫い目を切断!なんてならないように気をつけて(出来るだけ楽に切り取れる部分に限定しておこなってくださいね)

★アップリケ布が白等薄い色で、表布が濃い色の場合は、表布の透け方が周囲と変わってしまったりするので、あまり適さない場合もあります。

★一番ずれやすい、タペストリーやクッションカバーなどで布の端までアップリケがあるようなパターンは、端の部分を『裏抜き』すると、グッと縫いやすくなります。


閉じる


アップリケの縫い方

ハワイアンキルト基本のアップリケ。

表布にしつけをかけたら、縫う直前に『できあがり線』の近くまで縫いしろに切り込みを入れるのがコツ!

カーブがきついところほど思い切って、できあがり線のきわまで切り込みを入れてみましょう。

最初はちょっと怖いけど、何度かチャレンジしていくとコツがつかめてきます。

<relalaオリジナルの『はじめてさんでもわかる!キルトの作り方より抜粋』>

詳しくは、こちらのアンケート用紙からお申し込みを頂ければ冊子をお届け致します。

はじめてさん、必見ですので是非、お気軽にご応募下さいね。

閉じる

エコーラインの製図の仕方

ハワイアンキルトにはかかせないエコーライン

やわらかい・うんわりした感触もこのエコーラインのキルティングがあってこそ♪

型紙から写したり、自作の場合は定規を駆使して等間隔にプロット(点)を打ってフリーハンドでつなぐのが主流ですね。

でも、長い定規でプロットするのも一苦労。

で、手作りですが今使っているのがオリジナルのエコーライナー

エコーライナーこんな形をしています。

cm単位にチャコペンシルでプロットできるように小さな穴が空いています。下部のラインをアップリケのきわにあわせて、ポチポチとプロットして、

後はプロットを線でつないでエコーラインの出来上がり。

とっても、重宝して使っています。


★ご希望の方は画面TOPの「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

 在庫がございましたら、差し上げます。

(商品ではありませんので、在庫が無い場合がございます。ご了承ください)

手芸メーカー製のエコーキルトガイド も扱っております。ぜひお試し下さい。

閉じる

プロットするチャコペンは、ペンシルタイプのものが良いと思います。

エコーラインのしるしつけ

しつけをしっかりかけたら、ハワイアンキルトの醍醐味♪キルティングです。

始めたころは、ちょぴり苦手だったけど、
フープキルティング用メトラーのコンビを使うようになって

俄然、楽しくなちゃったのが キルティング です。


エコーラインは、アップリケの輪郭に沿って周囲に入れるキルティング縫いのこと。

エコーは「木霊(こだま)」 という意味があって、それぞれのアップリケの持つ意味を増幅して、神聖なものに・・・

ハワイアンキルトのぷっくり感の源でもありますね。

このエコーライン、本にはフリーハンドで・・とあるけれど 私の場合どうしてもフリーが苦手 

なんだか、めちゃくちゃになっちゃいそうで、こんな道具を使っています。



こちらは、
手作りのエコーライナー。 リララSHOPでプレゼントしていますので、

ご希望の方はリララSHOPの「お問い合わせ」フォームよりご応募連絡ください。 

なお、手作りのため、品切れの場合少々お時間がかかるかも知れませんが、ご了承ください。



そして、市販のちゃんとしたものも 
エコーキルトガイド(5本セット) 取り扱っています。

一つ、手元にあると とっても重宝します。 







エコーキルトの幅は、約7mm~10mm(1cm) がお勧めです。

出来上がりは、やはり細かく入れると見栄えはします・・が、その分仕事量は多くなる 

目安としては、しっかり仕上げたい小物のポーチなどは細かめに7mmでも良いかと思います。

■まず、対角線をしっかりと印をつけておきます。


シンメトリーの図案が多いハワイアンキルトの場合、中心線、対角線上のラインをしっかり引いてその線が中心になるようにエコーラインを引きます。

特に、複雑なパターンの場合、しっかりと放射状に中心から対角線を数本引いて

意識して、エコーラインを引くと出来上がりも綺麗です。

■アップケのふちにそって、エコーラインを引きます。

アップリケふちにそって、決めた間隔に定規をあてて、ポチポチマーク そして マークをたどるようにラインを引いていきます。

※特に、頂点や対角線を意識してしっかり引いておくと、中心がずれたり、全体にゆがんだりしなくなります。

ちょっと写真では見えにくいけど、薄く赤いラインが描いてあります。

■対角線上は、ラインを交差させて



交差する点は、それぞれのアップリケラインを長めに引いて、交差する点とします。

ちょっと見えぬくいですが、薄い赤いラインで描いています。




手作りですので、もちろん フリーハンドでもまったくOK。 肝心なのは、楽しんでやること。

ご参考にしていただければ、嬉しいです。 


シンブルの使い方

コインシンブルシンブル

シンブルは、針から指先を守って、縫いやすくする為の道具です。
左の2つは、一般的に右手(利き手)の中指にはめるタイプで
右の1つは、左手中指用のシンブルです。

一般的なキルティングのときの使い方は・・
■布の表側から、針を垂直にさし、右手中指(皮のシンブル側)でおします。
■布の下側で、左手中指(金属のシンブル)に当たるまで入れます。
■下のシンプルに当たったら、左手中指で針を押し上げて、すくい、一針完了♪

フープ両腕でキルト布を上下ではさむ感じで縫いますので、キルティングする部分をフープで固定し、お腹と机の間にはさんで縫います。

今度、写真を撮って実際の図を詳しくご紹介しますね。

フープを使わない小物等の場合の私流をご紹介すると、

◆キルティング以外は、コインの入っていない皮製を右手中指にはめて指を保護しています。(夢中になって装着を忘れて、何度も中指の腹に穴をあけました。)

◆キルティングのときは、コイン入りの皮製を右手中指にはめて、受け側は左手の爪(中指)で受けてしまいます。

大切なことは、針を垂直に立てて縫うことを意識することです。針が寝てしまうと、布ずれがしてしまい全体的に形が整いにくくなります。

最初は、うまく扱うのがむずかしいシンブルですが、まずは、指の保護のために一つ持っていることをお勧めします。その後、徐々に道具を揃えていってセオリーどおりにできるように頑張ってみてください。

最初から、全部の道具を使いこなそうと思わずに、是非・・自分なりに楽しみましょうね♪

閉じる

キルトのお洗濯



普段使いのキルト(ポーチやコースター、鍋つかみ等)は、洗濯して使いたいですよね。
今回は、私流-お勧めのお洗濯の仕方をご紹介します。

■まずは、手洗いを基本に。
お店で尋ねると、「おしゃれ着用洗剤をお勧めしています」とお答えいただきますが、私は漂白剤の入っていない普通の洗濯洗剤を薄めて、軽く押し洗いしています。
このとき、あまり、洗剤につけすぎると色落ちしたりしますので、短時間でキュッキュッと押して押し洗い。

洗濯によって風合いが多少落ちる場合もありますが、それもまた味が出て良いものです。
何年か使ったらまた作り変える。そんなサイクルも大切にしています。

■干し方
しっかりすすいでから、形をある程度整えて2,3秒程度を目安に脱水をかけます。ここであまり乾燥させすぎると、かえって型崩れしたりしますのでちょっと水を含んでいるくらいを目安にしてください。

あまり日差しの強いところは避けて風とおしの良い場所で干します。
干すときにもう一度形を整えることで型崩れはある程度ふせぐことができます。
小物(コースターや鍋つかみ)は、台所用のふきんかけにかけて、乾かしたりもしています。

如何ですか?

始めはちょっと怖いお洗濯。
でも、洗い立てのキルトもとっても気持ちの良いものです。
参考にしていただいてどうぞ・・チャレンジしてみてください。

キルティングの順番?


ハワイアンキルトの特徴『キルティング』

アップリケが終わったら、いよいよキルティング・・・
キルティングが入ってくると、段々ハワイアンキルトらしくなってきます。
3種類のキルティングの順番は・・

キルティングの順番 ①落としキルト

まず、始めにアップリケのきわにそって刺していきます。(基本的には、表布と同色の糸で)これでアップリケをふっくらと際立たせます。

②アップリケのキルト

アップリケの上のキルトラインに合わせてモチーフ内側をキルティングします。アップリケに段々表情が出てきます。

③エコーキルト

内側から徐々に外側に向かって刺していきます。

①~③の順に、キルティングを行います。

※できるだけ、中心から刺していくのがコツです。中心から外側に進めていくとシワが寄りにくくなります。

※縫う方向は、ふくらませたい側を常に上側に来るように布を回転させながら縫い進めてください。

※表布より少し厚めの裏布を使うのも、ふっくらとした感じを出すコツです。

(ただし、あまり厚さが違うと縫いづらい場合もあるので、はじめのうちは、同じ種類の布が無難です。) -くれぐれも、裏地の方が薄くならないように注意して下さいね。

閉じる

キルティングの縫い始め&縫い終わり

キルティングの縫い始めと縫い終わりの糸の始末についてです。

色々な方法がありますが、一般的なものをご紹介します。

■縫い始め

①玉止めを作り、縫い始めの位置から1cm~2cm手前から針を入れます。

(布は1枚だけすくうようにして縫います。)

②縫い始めの位置から針を出し、強く糸を引っ張り、玉止めを布の中に引き入れます。


※針を入れるときに、できるだけ布地の糸を割らないように入れると楽に引けます。

■縫い終わり

①縫い止まりまで縫い、約1cm浮かせた位置に玉止めを作ります。

②針が出た同じ位置に針を入れて、約3cmほど先に針を出します。

(このとき布は一枚だけすくいます)

③強く糸を引いて、玉止めを布の中に入れて、糸をはさみで切ります。


※表布が薄い場合は、糸を出す位置をアップリケ側にすると、表に糸の色がひびかずに始末できます。(特に表布が白の場合は気をつけてみてください)

★縫い始め、縫い終わりとも2巻き(2回巻いて引く)の玉結びが標準ですが、布の目に合わせて抜けやすい場合は、巻きを増やして調整してください。

★縫い始めと縫い終わりの最初の一目を返し縫いをすると、丈夫になります。品物によって使い分けてみてください。

閉じる

ページトップへ